感想はイマイチ…「脳科学マーケティング100の心理技術」のレビュー

脳科学マーケティング100の心理技術

先日ネットサーフィン中に見かけて、ビビッと来た本を衝動買いしました。

脳科学マーケティング100の心理技術」(著者:ロジャー・ドゥーリー、翻訳協力:ブレインウッズ株式会社)というダイレクト出版の本です。

 

結論から言えば、「買う価値はあまりなかった…」。

がんばって読んだ割に得られたものが少なかったので、けっこう悲しいです。

詳しくレビューします。

 

私がビビッと来た理由

私が衝動買いしてしまったのは、この本の販売ページの書き方がうまかったから。

とりあえず見てください。

脳科学マーケティング100の心理技術【ダイレクト出版】 公式サイト

 

いきなりクイズから始まります。

答えを予想して読み進めると……はずれ。くやしい!

(あなたは当てられました?)

 

さらに読み進めると、「とても役に立つようなことを得られそう!」と感じて、ポチーです。

んー、上手です。見事に買わされました(笑)

 

注文から2日後に届き、ワクワクして読んだ結果……。

 

アフィリエイターは買わなくていい

私が本を開いて最初に感じたのは、「なんだか読みにくい…」でした。

なぜかスラスラ読めない。原本が悪いのか、訳し方が悪いのか……。

とにかく読むのと理解するのに疲れる本でした(汗)

 

この本はなにかと言うと、「ニューロマーケティング(脳の働き)の概念を100個紹介するから、マーケティングと商品の改善に役立ててね」というもの。

本から説明を抜粋すると……

よくも悪くも本書はそのような本でもない。もっとささやかな、簡単に理解できる概念を寄せ集めたもので、その1つひとつの概念がニューロサイエンスや行動研究に基づいているというだけだ。

これはマーケター、経営者、事業主向けの実用的アドバイスを紹介する本であって、科学者やニューロサイエンス・オタク向けの本ではない。

「脳科学マーケティング100の心理技術」P.6~7より

 

ということで、アフィリエイターが読んでも得られるものはほぼありません。

私は商品やサービスの販売もしているため、そっちで使える知識を得られたらいいな、と期待して買いました。

 

この本を読んで喜ぶのは、物販の商品販売に携わる人や個人事業主……の中でも、とくに知識欲の強い人や意識高い系の人、あるいは、研究結果からヒントを得てしっかり活かせる人です。

偏見かもしれませんが、私はこの本を読みながら「意識高い系の人がいろんな研究結果から無理やりマーケティングにつなげているような印象」を受けました。

 

読み終わっても「すごい知識を手に入れたぞー!」という興奮が無いんです。

なんでかなー? と考えたところ、ここらへんが関係ありそう。

  • 研究結果の紹介があっさりしている。
    どこの誰が、どんな状況で実験したか、が詳しく書かれていないため、信ぴょう性に欠ける。
  • マーケティング案については「こうすれば効果あり」ではなく「こうすればいいかもね」で止まっている。
    案は具体的と言えば具体的だけど、実践できるか? 効果はあるか? と考えると「うーん」と思っちゃう。

 

イマイチな印象を持ちつつ読んだ結果、100個のコツの中で私がメモしたのは8個。

苦労して読んだ割に得られたものが少なかったため、「それほど価値がなかったなぁ…」という印象です。

 

ただ、上記は読み終わった瞬間の感想なだけで、メモした8個のコツを実践して売上がドドーンと上がったら、評価はガラッと変わるでしょう。

あくまでも「読み終わったとき」の感想がイマイチなだけです。

 

レストランや個人商店でなにかを売っている人にはヒントをたくさん得られる本だと思います。

 

「脳科学マーケティング100の心理技術」を買うよりは……

私がメモした8個のコツは後々試してみるとして。

評価がイマイチな今、「脳科学マーケティング100の心理技術」を買おうとするあなたには別のものをおすすめします。

 

扇動マーケティング

「脳科学マーケティング100の心理技術」はおもにリアル物販の知識のため、アフィリエイターはあまり恩恵を受けられません。

その点「扇動マーケティング」なら、ネット上で物を売る場合やアフィリエイトする場合に使えるコツがふんだんにあります。

「賢いマーケティングとは、あなたの脳を使うだけでなく、顧客の脳も使うのだ!」と説く「脳科学マーケティング100の心理技術」以上に、お客さんの脳に働きかけるネット販売の文章術を学べます。

扇動マーケティングのほうがすぐ使えるコツ満載です。

 

もし、「情報教材より本のほうがいい!」という偏見をお持ちなら、こちらをおすすめします。

世界一ずる賢い価格戦略 (著者:ダン・ケネディ、ジェイソン・マーズ)

 

自分の商品やサービスの価格に悩んでいるなら、「世界一ずる賢い価格戦略」を読んでみると心が決まるでしょう。

多くの人は「商品を高くしちゃ買ってもらえない。高いと怒られそう」と謎の罪にとらわれ、本来の価値ではなく安売りしています。

そのため、多くの時間と労力をかけて販売した割に「あまり収入にならなかった……いつまでもラクにならない……」となりがち。

 

自分の価値を見つめなおす意味でも「世界一ずる賢い価格戦略」はご一読を。

お客さんに喜ばれながら商品の価格を2倍にできれば、収入もあっさり2倍になります。

本当の価値を無視して、ムダに安売りする必要はありません。

 

ということで、最後は他の商品紹介になっちゃいましたが、「脳科学マーケティング100の心理技術」のレビューでした。

実践的な知識を求めるなら、アフィリエイターなら「扇動マーケティング」を、自分の商品販売なら「世界一ずる賢い価格戦略」をおすすめします。

 

私が「脳科学マーケティング100の心理技術」で手に入れた8個のコツの実践結果はそのうち書きます^^

他の人はこんな記事も読んでいます

LINE@始めました^^
お友達登録特典「長く通用する新規読者の集め方PDF」をプレゼント中!
LINE@友だち追加

ちょっと! こっそりプレゼントってどゆこと!?

subheader
button

当サイトの購読はフェイスブックが便利です

ねこヨーグルトはあなたが正しくアフィリエイトで稼ぐための情報を提供します。
「いいね!」するとFacebookで更新情報を見られます。

rss RSSリーダーでも購読できます。

“感想はイマイチ…「脳科学マーケティング100の心理技術」のレビュー”への2件のコメント

  1. REM より:

    こんにちは!

    メールマガジンから来ました。
    この本、買おうか迷っていたので参考になりました。

    本当にねこヨーグルトさんは文章でファン化できるすごいスキルをお持ちですよねぇ…。
    アフィリエイターはコピーライティングやセールスライティングよりWebライティングが必要だとひしひし感じるここ最近です。

    ダイレクト出版ということであれば、数日前に「ザ・ストーリー」という廃版が決定している本を買いました。50ページくらいまで読みましたがやはり翻訳が簡単に読めるものではなくて難しい話です。まだ10分の1くらいなので10分の9に期待です(笑)

    • アフィリエイトで稼ぐねこヨーグルト より:

      REMさん、コメントありがとうございます^^
      参考になったようで嬉しいです。

      「脳科学マーケティング100の心理技術」は
      完全にダメな本じゃなくて、
      私が個人商店をやってないのに買っちゃったのがダメでした(笑)
      それでもいくつかヒントはもらえたので、試してみます。

      REMさんが買われた「ザ・ストーリー」も
      なにかヒントが見つかるといいですね^^

コメントを残す

*

このページの先頭へ