ホワイトデー、女子高生のメイドさんに狩られた話

たまには昔話でもひとつ^^

メルマガではもう言ったネタなんですけど、あれは今年のホワイトデーのこと。

まだ4ヶ月くらい前ですね。

 

私、メイドさんに狩られました。

 

出会いは突然に

あれは、カウンセラー業の仕事終わりに、どこかで夕食をとろうと思っていたときのこと。

駅に向かって飲食店を探していたら、人通りの多い道で何かを配っている女の子がちらほらと数人いました。

まだ肌寒かったため、みんな薄いコート姿です。

 

近づいていくと、「どうぞー♪」と言いながら何かを出してくれました。

で、ティッシュかと思って、もらったんですね。

そうしたら。

 

「メイド喫茶いかがですか?^^」と、にっこり。

コートで服が隠れていて分かりませんでしたが、メイドさんだったようです。

(あとでコートの中は私服と判明)

 

とくにメイド喫茶へ行きたい欲望は無かったのですが、ご飯を食べられることを聞いて、ほいほいついていきました。

そう、あんなことになるなんて思いもせず…。

 

お帰りなさいませ~

かわいい人に連れられて着いた先は、隠れ家的というより、思いっきり隠れようとしているお店でした。

「なんでこんなところにドアが?」と思うような入口。アヤシイ…。

 

「お帰りなさいませ、ご主人さま~」の決まり文句に迎え入れられると、予想外の狭さに驚き。

そのお店、カウンター席が10個くらいしかないんです。

 

そこではチャラチャラしたあんちゃんと、メイドの格好をした女の子が楽しそうに話していました。

 

普段ゆるい生活を送っていた私でも、さすがに危険察知能力が働きます。

これはマズイぞ、と。

ぼったくり臭」がビンビンするのです。

 

席に座ってメニューを見れば、予想どおりのインフレ価格

なんですか、「ちゃーはん 1,200円」って。

なんですか、「サービス料10%」って。

なんですか、「王様ナントカ 8,000円」って。

 

まずい、まずすぎる!

生まれてこのかた、ぼったくりなど遭ったことのない私でも危険信号がMAXになっています。

めっさ冷や汗ダラーンです。

 

でも、そこは生粋の草食系男子。

逃げる術なく、謎の余裕をかまして「ちゃーはん、ひとつ^^」と頼んじゃいました。

 

メイドさんとは似て非なるもの

で、その「ちゃーはん」とやらの生成方法がまたスゴイ。

 

カウンター内にいたメイドさん、こちらから丸見えの位置で思いっきり冷凍食品の袋を破って、音のならない電子レンジ君に食べさせました。

 

ゆ…夢がない!

 

いくらメイドさんとの近さがウリでも、電子レンジまでは見たくなかった!

 

しかも、私をお店に連行した女の子は「私もフロート頼んでいいですか?^^」なんて訊いてきます。

「勝手に頼めば…」と思った瞬間、嫌な予感の第2波が。

 

手元のメニューに「1,000円」と恐ろしい値段が刻印されている魔界の飲み物が、今女の子が頼まんとしているフロートそのものじゃないですか!

 

「これは断らねば!」と感じたものの、草食系男子な私は「どうぞどうぞ」とダチョウ倶楽部並の「どうぞっぷり」を発揮。

女の子は「きゅっと一杯」並の手軽さで飲み干します。

それ、1,000円するんだよ…お嬢ちゃん…。

 

そんな悲しみに浸っていると、電子レンジ君が吐き出した「ちゃーはん」がハート型になって運ばれてきました(ハート型に整えているところも丸見え)。

 

「ここはキャバクラか!」と心の中でツッコミながら、仕入れ価格200~300円くらいに違いない冷凍食品を完食。

 

「信じられるか? これ、1,200円なんだぜ…」と、私の中の誰かがつぶやきました。

あれだ…。

きっと、私が食べる前に女の子が放った見えないおまじないに1,000円分の価値があったんだ…。

 

くねくねしながら、「テキトーにかわいらしい言葉を並べとけ~」みたいな態度で放ったあのおまじないに1,000円分の価値が…

 

って、あるかー!

 

「茶番は終わりだ。早くここから脱出せねば…」と焦る私。

 

しかし、気付けばなぜか女の子にカウンセリングをしていました。

ほほう、定時制高校で悩みがねぇ…。

えっ、高校生なの!?

へー、あのメイドさんと同じ学校で…え、仲悪いの?

 

なんて会話を小一時間。

 

気付けば新手のメイドさんも加わって、あの魔の飲み物、フロートを頼んでるじゃないデスカ!

「ハイハイ、どうせ私持ちなんでしょーよ」と、心の中では半ばやけくそ。

 

それから少し経って限界に達した私は「帰ります!」と、女の子たちの上目遣いを振りきって脱出。

脱出の瞬間、女の子の究極魔法「ぼったくり会計」が炸裂しました。

 

「6,710円です♪」

 

………。

 

私、なに食べたっけ…。

「ちゃーはん」と「オレンジジュース」だけだったような…。

それでも1,800円くらいだったような…。

残りの5,000円はどこから出てきたん…?

もう、わけがわからないよ…。

こんなの絶対おかしいよ…。

うーあー…。

 

リピーターになる人 ならない人

そんなこんなで、今年のホワイトデーはメイドさんに狩られて帰ってきました。

めっちゃ心が寂しくなりました…(泣)

 

彼女いない草食系男子の心を弄びおってー!(泣)

最近の女子高生はかわいいんだから、もうー!(泣)

カウンセリング代でこっちが5,000円ほしいよー!(泣)

 

まあ、そんな思いです。

 

で。

この話で重要なのは、「ぼったくりに注意しましょう」なんてことではなく、あのお店にリピーターがいることなんです。

 

私がハート型の冷凍食品をつついている間、少し離れた席では常連らしきサラリーマンがメイドさんに「あーん」してもらっていました。

 

なんてうらやま…じゃない。

常連になっているってことは、あのぼったくり価格に満足しているってことです。

 

サラリーマンさんは、女子高生と1時間話したり、「あーん」してもらったりに5,000円払う価値があると感じています。

 

一方の私は、最初の目的が「夕食をとること」だったので、バカ高い冷凍食品に少しも満足していません。

1,800円あったら、もっと良いもの食べてたYO! と、不満だらけ。

 

でも、たしかにあの女子高生メイドさん…というか、あのお店のリピーター戦略は素晴らしかったです。

メイドさんは一人ひとり自分のブログを持っていて、その日来たお客さんに向けてメッセージを書いているんです。

その記憶力にあっぱれ。

 

で、お客さんには帰り際「絶対にブログ見てね!」と言います。

あのブログに書かれた自分宛のメッセージは嬉しくなっちゃいますね~^^

思わずまた行きかけました…ははは。

 

もう行きませんけどね!

 

これはアフィリエイトも同じです。

読者に価値を感じてもらえないサイトやブログはファンが増えません。

 

お金稼ぎに目がくらんでしょーもない商品をあおって読者に買ってもらっても、2回目はありません

私がもう二度とあのぼったくり店に行かないのと同じです。

 

読者に満足してもらう、できれば「読者の予想を超えた良いもの」を提供できれば、きっとファンになってくれます^^

 

喜ばせて行きましょう。

そうすれば、お金になって返ってきます^^

他の人はこんな記事も読んでいます

LINE@始めました^^
お友達登録特典「長く通用する新規読者の集め方PDF」をプレゼント中!
LINE@友だち追加

ちょっと! こっそりプレゼントってどゆこと!?

subheader
button

当サイトの購読はフェイスブックが便利です

ねこヨーグルトはあなたが正しくアフィリエイトで稼ぐための情報を提供します。
「いいね!」するとFacebookで更新情報を見られます。

rss RSSリーダーでも購読できます。

“ホワイトデー、女子高生のメイドさんに狩られた話”への3件のコメント

  1. アフィリエイト初心者でも稼ぐ驚異の方法@RYO-SUKE より:

    ねこヨーグルトさんこんばんは。
    RYO-SUKEです^^

    >読者に満足してもらう、
    できれば「読者の予想を超えた良いもの」を
    提供できれば、 きっとファンになってくれます^^

    全くその通りだと思います。

    「ブログなのにこんなに詳しく
     解説してくれている」

    「無料レポートなのに有料コンテンツと
     変わらないような内容」

    無料で提供できるものにどれだけ
    全力を注げるかでファンが付くか付かないか
    が分かれてくると思います。

    メイド喫茶の話ハラハラしながら
    読ませて頂きました^^

    応援クリック☆

  2. やまひろ より:

    おもろい^^
    さすがねこさん。

    • アフィリエイトで稼ぐねこヨーグルト より:

      >やまひろさん
      ありがとうございます^^
      体を張って得たネタです(笑)

コメントを残す

*

このページの先頭へ