Mac戸惑い記 第3回:MacをWindowsのように使う設定をしたよ(キーボード編)

クリスマスイブもMacBook Airと一緒。

戸惑い記、第3回です。

WindowsからMacにしたら戸惑った。記事一覧

 

前回、MacBook Airの最初の「ようこそ画面」につまづく

ドジっぷりを披露しましたが、つまづくところは他にもありました。

 

「Caps Lock」キーよ、なぜ君が特等席にいるのだ!?

 

 

MacをWindowsのように使いたいんだー

長年Windowsを使ってきた私にとって、

購入前に不安だったのが

「MacはWindowsと同じように使えるのかな…?」でした。

 

作業環境やキーボードなど、

めちゃくちゃに変わったらストレスだらけで仕事にならない!

これが一番の不安だったアル。

 

しかーし。

先人たちの知恵により、私のMacBook Airくんは

Windowsのような使い勝手になりましたよ!

 

その設定方法を紹介しましょう^^

(長くなりそうなので、今回はキーボードに特化します)

 

 

キーボードの設定はこれでok!

WindowsよりスッキリしているMacBook Airくんのキーボード。

一体どのキーが存在を消されたのかは分かりませんが、

いやはや…彼には度肝を抜かれました。

 

おそらく使用頻度の低さではトップ争いになるであろう

「Caps Lock」キーが上座に陣取っているではありませんか!

まるで飲み会で社長席に座ってしまった新人君のよう。

 

そこの席はねぇ…

Windowsで言えば「Ctrl」キーの場所でねぇ…

君が座っていい場所ではないのねぇ。

 

ということで、「Caps Lock」キーに

Windowsで言うところの「Ctrl」キーっぽい「Command」キーの

動作を割り当てて、Windowsっぽく使えるようにしました!

 

設定方法

1.左上のリンゴをクリック

2.「システム環境設定」をクリック

3.「キーボード」をクリック

4.「キーボード」メニューの右下にある「装飾キー」をクリック

5.「Caps Lock」キーの動作に「Command」キーを選び、「OK」をクリック

 

これで完了です^^

これなら、「Caps Lock」キー+「C」キーでコピーなど

Windowsでおなじみの操作ができます。

フウっ、使いやすい!

 

 

他にキーボードで設定するところ

上の設定方法の3番で開く画面。

他にも設定しておくと便利な部分を紹介します。

 

まず、「キーのリピート」と「リピート入力認識までの時間」。

これは同じキーを押しっぱなしにしたとき、

文字がダダーッと出るあの時間に関する設定です。

 

私は「キーのリピート」を一番右に、

「リピート入力認識までの時間」を右から3番目にしています。

初期設定より少し早めにしておくとWindowsの操作感に近くなりそう^^

 

 

ついでに、その下にある

F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用

にチェックを入れておけば、

ファンクションキーもWindowsと同じように働きます。

やったね!

 

 

さらに、「キーボードショートカット」の下のほうにある

フルキーボードアクセス:Tabキーを押して

ウインドウやダイアログ内の操作対象を移動する機能の適用範囲:

を「すべてのコントロール」にしておけば、

Tabキーの操作をWindowsのように使えます。

 

 

Google日本語入力ツールも入れておこう

アフィリエイト作業を強化、加速する8つの便利ツール」で紹介した

「Google日本語入力」はMacでも使えます^^

文字入力を早くできるので私は愛用しています。

 

 

設定方法

1.Google日本語入力からダウンロード

2.ダウンロードしたディスクのアイコンをダブルクリック

3.中身のパッケージをダブルクリック

4.「続ける」を数回押して、「インストール」でインストールできます

(途中の「Google日本語入力の有効化」は「有効にする」にします)

 

ここからはGoogle日本語入力の設定です。

5.左上のリンゴをクリック

6.「システム環境設定」をクリック

7.「言語とテキスト」をクリック

8.「入力ソース」タブをクリック

9.「Google日本語入力」の「ひらがな」のみチェックを入れ、

「ことえり」のチェックをすべて外す。

 

これで完了です^^

 

最後のGoogle日本語入力で、なぜ「ひらがな」のみかと言うと、

「カタカナ」などにもチェックを入れると

キーボードの「かな」「英数」で入力モードを切り替えられなくなるからです。

 

カタカナや英数はファンクションキーで変換できるので

私は「ひらがな」のみにチェックしています。

 

 

文字入力で悩んだところ…

Windowsだと文字を打って「F10」キーを数回叩けば

半角英字の大文字小文字に変換できましたが、

Macだと小文字にしかならない!

 

これはどうしようもないらしく、

Macで半角英字の大文字を打ちたければ

「shift」キーを押しながら文字入力するしかなさそうです。

んー、慣れればいいかな…。

 

他にも、私としては「page up」と「page down」キーがないのがツライ。

「fn」キーを押しながら矢印キーを押せば同じ機能は使えますが

慣れるまで時間かかりますね(汗)

 

あー、あと「delete」キーはありますが

機能としてはbackspaceキーです。

カーソルの前の文字が消えていきます。

 

カーソルの後ろの文字を消したければ、

「fn」キーを押しながら「delete」キーを押さないといけません。

Macの「delete」キーは一人二役ってわけですね。

これも慣れですわ~。

 

 

さて、次回は、キーボード以外で

MacをWindowsのように使う設定をします。

お楽しみに^^

第4回:MacをWindowsのように使う設定(ブラウザ編)

他の人はこんな記事も読んでいます

LINE@始めました^^
お友達登録特典「長く通用する新規読者の集め方PDF」をプレゼント中!
LINE@友だち追加

ちょっと! こっそりプレゼントってどゆこと!?

subheader
button

当サイトの購読はフェイスブックが便利です

ねこヨーグルトはあなたが正しくアフィリエイトで稼ぐための情報を提供します。
「いいね!」するとFacebookで更新情報を見られます。

rss RSSリーダーでも購読できます。

コメントを残す

*

このページの先頭へ