Mac戸惑い記 第7回:テキストエディタの背景色を黒色にしたい

Mac用無料テキストエディタCotEditorは背景色を黒くできる

MacBook Airのおかげで仕事も快適にこなせている今日このごろ^^

ひさびさのMac戸惑い記、第7回です!

WindowsからMacにしたら戸惑った。記事一覧

 

前回は、連載一段落ということでMacに入れたツールなどをまとめました。

でもですね、肝心のアレが足りなかった…!

 

 

標準のテキストエディタじゃ物足りない

私はメルマガを書くとき、テキストエディタにぽちぽちと打ち込み

原稿が完成したらコピーしてメルマガ配信システムの入力欄に張り付けます。

こうすると、メルマガ配信システムを変えるときも原稿はパソコンにあるので

わざわざ過去のメルマガを保存する処理が不要でいいんですよねー。

 

Windowsで使っていたテキストエディタは「K2Editor」。

私がプログラマー時代から使う愛用の無料テキストエディタです。

背景色を黒くできるため、目が疲れにくくなります^^

 

そんなわけで、Macのテキストエディタにも同じことを求めたのですが…

Macの標準のテキストエディタでは、背景色を黒くできません(泣)

 

私は探しました。

背景色を黒色にできるMac用テキストエディタを!(できれば無料のを!)

 

そして見つけました。

背景色を黒色にできるMac用テキストエディタを!(念願の無料のを!)

 

 

おすすめMac用無料テキストエディタ

私が見つけたのは「CotEditor」。

↓こんなふうに背景色や文字色を好きなように変えられます。

Mac用無料テキストエディタCotEditorは背景色を黒くできる

 

早速インストールしてみましょう。

 

 

インストール方法

  1. CotEditor ダウンロードページで「 Mac CotEditor_x.x.x_Forx.x.dmg」をダウンロード(xは数字)
  2. ※2015/10/17追記:App Storeでの配信になりました。

  3. ダウンロードした「.dmg」ファイルをダブルクリック
  4. 「.app」ファイルをダブルクリック(開発元が不明だからインストールできない、と表示されたらcontrolキーを押しながら「.app」ファイルをダブルクリックで許可できます)
  5. インストール完了!

 

無事インストールできたら、CotEditorを起動してみましょう。

 

 

CotEditorの設定

CotEditor起動中に画面左上の「CotEditor」>「環境設定」で設定を変えられます。

CotEditor設定方法1

 

私は以下のように設定しました。ご参考まで^^

 

「一般」タブ

CotEditor設定方法2

 

「ウィンドウ」タブ

CotEditor設定方法3

 

「表示」タブ

背景色や文字色の変更はここでできます。

CotEditor設定方法4

 

「フォーマット」タブ

CotEditor設定方法5

 

ちなみに、CotEditorの上部に表示されている行末コードやエンコーディングを

消したいなら、画面上部の「表示」>「ツールバーを隠す」で消せます。

CotEditor設定方法6

 

設定を変更したら、CotEditorを一度閉じてまた開くと変更が反映されます。

 

 

「CotEditor」をいつも使うテキストエディタに設定する方法

CotEditorをインストールしただけでは「.txt」ファイルを開くときに

まだ標準のテキストエディタが起動してしまうので、

標準でCotEditorが起動するようにします。

 

  1. Finderで「.txt」ファイルを適当に選んで右クリック
  2. 「情報を見る」をクリック
  3. 「このアプリケーションで開く」で「CotEditor.app」を選択
  4. すぐ下の「すべてを変更」をクリック、「続ける」をクリック
  5. 設定完了!

CotEditor設定方法7

 

これでCotEditorを使うための設定は完了です。快適になりました^^

あなたも今日から黒背景でレッツカタカタ!

他の人はこんな記事も読んでいます

LINE@始めました^^
お友達登録特典「長く通用する新規読者の集め方PDF」をプレゼント中!
LINE@友だち追加

ちょっと! こっそりプレゼントってどゆこと!?

subheader
button

当サイトの購読はフェイスブックが便利です

ねこヨーグルトはあなたが正しくアフィリエイトで稼ぐための情報を提供します。
「いいね!」するとFacebookで更新情報を見られます。

rss RSSリーダーでも購読できます。

コメントを残す

*

このページの先頭へ