Mac戸惑い記 第8回:バッテリーの交換修理でアップルストアに行ってきた

Apple Store 表参道店

MacBook Airで記事やメルマガを書くようになって、早3年。

すっかりMacに慣れた私でしたが、ひさびさに戸惑ったことが!

こ、この不安な表示はなに……!?

WindowsからMacにしたら戸惑った。記事一覧

 

突然表示された「バッテリーの交換修理」

私がMacBook Airを買ったのが2012年末。

3年が経過した頃、画面右上の電池マークのところにこんな表示が出ました。

MacBook Air バッテリーの交換修理

 

「バッテリーの交換修理」

って、なにそれそれそれ!

ご丁寧に注意マークまでついてるし……。

 

恐る恐る「バッテリーの交換修理」をクリックしてみると、「あなたは気づかないかもしれないけど、バッテリーに何か問題が起きてるかもね」と怖い説明が(汗)

 

うわ、どうしよう!

……と思っていたら、いつの間にか電池マークが「正常」の表示に戻ってました。

 

「なんだ、放っておいてもいいのかな」と思って放っておいたら、数日後にまた「バッテリーの交換修理」と表示されました(汗)

今度は放っておいても消えないので、しぶしぶ解決することに。

MacBook Air、使えなくなったら痛いですからねぇ(汗)

 

任務:バッテリーの交換修理をせよ!

バッテリー関係の問題は、アップルの公式サイトによれば「できるだけ早く Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダに持ってきてね」とのこと。

運よくウチの近くにあった「アップルストア表参道店」に行ってきました。

 

手順1. まずは予約せよ!

お店に行く前にiPhoneアプリの「Apple Store」(無料)を使って予約します。

私がお店に行ったとき、平日の18時前でかなり混んでました。

ヒマそうな店員さんはいなかったので、予約しないで行くとかなり待たされるはず。

 

「Apple Store」のアプリを起動したら、下部のメニューで「ストア」を選び、「Genius Bar」をタップします。

iPhoneアプリ「Apple Store」で修理予約1

 

「予約する」をタップ。

iPhoneアプリ「Apple Store」で修理予約2

 

続けて以下を選択・記入するだけで予約完了!

  • 持っていく商品
  • お店
  • 予約日時
  • 予約に関するコメント(任意)

 

「予約に関するコメント」は空欄でもいいですが、できれば書いておきましょう。

店員さんはタブレットでそのコメントを読んでから相談に入ります。

お医者さんに症状を言うのと同じで、ちゃんと書いておくと話がスムーズです。

 

私はこう書きました。

「『バッテリーの交換修理』と表示されました。2012年に買ったMacBook Air(13インチ)を持参します」

 

手順2. データをバックアップせよ!

万が一、交換修理の際にデータが消えてもいいように、お店に行く前にデータを予備にとっておきます。

私はデータを「シュガーシンク」に全部入れているので、もしMacBook Airが真っ白になっても大丈夫です。

(ネット上にデータを保存すれば、パソコン買い替えのときのデータ引越も楽ちん)

 

データ消失はめったにありませんが、完全には防げない事故です。

お店が責任をとってくれることはありません。自分で防ぎましょう。

※修理に関係なく日頃からデータを予備に保存しておくと、パソコンが爆発してもへっちゃらです。

 

手順3. お店に持参せよ!

アップルストア表参道店に来ました^^

Apple Store 表参道店

 

17:45に予約したのに、緊張しすぎて予約の15分前に到着!

どデカい扉をゴゴゴゴ…と押して入ると店員さんが声をかけてくれました。

「パソコン修理の予約をして来ました」と伝えると、中央の階段を降りて壁際の席に案内されました。

 

店内を見渡すと、めっちゃ混んでる……。

アップル好きの人たちが集まってる……。

 

iPhoneを初めて持つのかドキドキ顔の女子高生と母親だったり。

店員さんと仲良くMac談義するWebデザイナーっぽい女性だったり。

今にでもヒッチハイクしそうなリュックを持つ外国人男性だったり。

 

そんなおしゃれ空間にソワソワしながら、待つこと20分。

(待ち時間が長いのは私が早く行きすぎたせいです)

 

「お待たせして申し訳ありません!」

と、気さくなお兄さんがステキな笑顔を見せつつやってきました。

 

お兄さん、やたらとフレンドリーにしゃべります。

他の店員さんも同じようにお客さんに好意的です。

 

この親しみやすさ……なにかに似てる……。

そうだ、ディズニーっぽいんだ!(笑)

 

なんてことを考えているうちに、お兄さんは「シュバババ!」と音が出るほどの早さでキーボードを打ち、我がMacBook Airの状態を調査し始めました。

私には見せたこともないような顔をするMacBook Air。

Apple Store 交換修理の様子

 

簡単な調査の結果、やはりバッテリーに問題があるとのこと。

修理に2時間ほどかかるそうですが、当日中に対応してくれるのは助かります^^

(店内に商品の在庫があると対応が早いみたい)

 

修理が終わるまで近くの喫茶店でお茶して待つことに。

 

2時間半後……。

修理が終わったらメールくれるって言ったのに、メール来ないよー!(泣)

店内で送ってもらった見積書メールは届いたのに。

 

おかしいなー。今日中の修理は無理なのかなー。

でも、今日中に無理なら電話くれるって言ってたしなぁ。

 

疑問を抱きつつ、閉店間際の20:30にお店に行ったら。

なんと、修理が終わってた!

すぐに新バッテリーになったMacが運ばれてきました^^

 

しかも、パソコン画面をキレイにしてくれるニクいサービスつき。

お兄さんは「キレイにしておきました」なんて言わなかったですが、持ち主の私は気づいてますぞ!

念入りに拭いてくれたのか、画面の汚れが無くなってました。ありがたやありがたや^^

 

修理費用は 15,984円でした。

高いか安いか、どう思うかはあなた次第!

 

まとめと注意事項

喫茶店で待ちぼうけになっちゃったのは残念でしたが、そんなことが気にならないくらい迅速な対応に大満足^^

当日中の対応はホント助かります。

 

あと、店員さんのディズニーレベルの気さくな雰囲気は見習いたいです^^

アップル好きな店員さんが多いのか、アップル信者にはたまらない雑学も聞かせてくれました。

私が信者だったら大喜びだったでしょう(笑)

 

そうそう。修理に出すときに、ひとつ注意することがあります。

バッテリー交換後、店員さんはMacのシステムをガッツリと調査するみたいです。何か問題があったら大変だから。

修理に時間がかかるのはそのせいですね、きっと。

 

で、店員さんがMacの動作を確認するためにログインパスワードを教えないといけません。

いつも使うパスワードを教えるのが嫌なら、Macを預ける前にパスワードを変えておきましょう。

人に教えても大丈夫な「aaa」みたいなものに。

修理が終わったら、ちゃんとしたパスワードに戻せば問題ありません^^

 

ログインパスワードの変更方法

  1. 画面左上のアップル(りんご)のマークをクリック。
  2. 「システム環境設定」をクリック。
  3. 「セキュリティとプライバシー」をクリック。
  4. 「一般」タブの「パスワード変更」で変更できます。

 

私はパスワードを変える時間がなかったので、恥ずかしい文字列を店員さんに伝えることになりました(笑)

修理対応の人は動作確認するときこの文字列を打ったんだろうなぁ……なんて想像しちゃいます。

 

私のように恥ずかしい思いをしたくなければ事前にパスワードの変更を!

 

余談:

「このMacBook Air、3年も使ってるので、そろそろ買い替え時ですかねぇ」

と店員のお兄さんに相談したら、お兄さんはもっと古いMacを使っているとのこと。

 

周りの環境の進化についていきたい、高スペックを堪能したい場合は「3年で買い替え説」のとおり3年くらいで買い替えると良いらしいです。

私は物持ちいいほうなので、まだまだこのMacBook Airでがんばります^^

 

ん〜、本当に話しやすかった。素晴らしい店員のみなさんです。

他の人はこんな記事も読んでいます

LINE@始めました^^
お友達登録特典「長く通用する新規読者の集め方PDF」をプレゼント中!
LINE@友だち追加

ちょっと! こっそりプレゼントってどゆこと!?

subheader
button

当サイトの購読はフェイスブックが便利です

ねこヨーグルトはあなたが正しくアフィリエイトで稼ぐための情報を提供します。
「いいね!」するとFacebookで更新情報を見られます。

rss RSSリーダーでも購読できます。

コメントを残す

*

このページの先頭へ