ワードプレスでブログを開設するときのレンタルサーバーとドメインの設定」が完了したら、続いてブログが表示されるようにしましょう。

ワードプレスを使うために、まずサーバー側で準備が必要です。

※この準備は、無料のブログサービスを使う場合は関係ありません。

 

以下の順で説明します。

  1. サーバーの設定
  2. ワードプレスの設定
  3. プラグインの有効化
  4. FFFTPの準備

 

1. サーバーの設定

ワードプレスでブログを書いた記事などのデータは、サーバーの「データベース」に保存されます。

まずはデータベースの準備をします。

 

データベースを準備する

手順をまとめました。

1. エックスサーバーにログイン。

 

2. 「サーバーパネル」の「ログイン」をクリック。

 

3. 赤く囲った部分をクリックして、「レンタルサーバーとドメインの設定」で追加したドメインを選び、「設定対象ドメインの変更」をクリックします。

 

4. 同じページにある「MySQL5設定」をクリックし、「MySQLの追加」をクリックします。

 

5. 次の通り入力し、MySQLを追加します。

  • MySQLデータベース名:「db」
  • 文字コード:「UTF-8」

 

6. 追加できたら、続いて「MySQLユーザの追加」をクリックします。

 

7. 次の通り入力し、MySQLユーザを追加します。

  • MySQLユーザID:「user」
  • ホスト名:そのまま
  • パスワード:なんでも可。忘れないようにしてください。

 

8. 「MySQLの一覧」をクリックします。

 

9. 「アクセス権未所有ユーザ」の中に追加したユーザがあるので、選んで「追加」して完了です。

 

この後の設定で以下の情報が必要なので、メモしておいてください。

「MySQL5設定」の画面で確認できます。

  • データベース
  • アクセス権所有ユーザー
  • MySQL5 ホスト名
  • 7番で設定したパスワード

 

 

ワードプレスを入れる

続いて、サーバーにワードプレスを入れます。手順は以下のとおりです。

1. 上記3番まで同じ事をします。

 

2. 同じページにある「PHP Ver.切替」をクリックします。

 

3. 「現在のバージョン」が「PHP4.3.9」の場合、「PHP5.1.6」に変更します。

 

4. サーバーパネルに戻り、「自動インストール」をクリックします。

 

5. 「プログラムのインストール」から「WordPress 日本語版」を選びます。

 

6. データベース名やユーザー名は、上でメモしたものを入力します。
「インストールURL」には「wp」と入れておきましょう。後で変更できます。

 

7.「インストール(確認)」をクリックすればインストール完了です。
サイトのタイトルなどは後で変更できるので、今は簡単なもので大丈夫です。

 

2. ワードプレスの設定

無事WordPressのインストールはできたでしょうか。

インストール時に設定したユーザー名とパスワードでログインすれば、こんな画面が表示されます。

 

もう一息です!

ワードプレスでブログを書けるようにするため、最初の設定をしましょう。

左側の「設定」にある以下のメニューを上から順番にいきます。

  • 一般
  • 投稿設定
  • 表示設定
  • ディスカッション
  • メディア
  • プライバシー
  • パーマリンク設定

 

一般

下の画像はクリックで拡大できます。

サイトのタイトル:好きなものでいいですが、効果的な名前の付け方を別の記事で解説します。

キャッチフレーズ:ブログの説明文です。効果的な説明文を別の記事で解説します。

WordPress のアドレス (URL):変更しません。

サイトのアドレス (URL):上の「WordPressのアドレス」から余分なもの(/wp)を省いたURLにします。
参考:ワードプレスで「サイトのアドレス(URL)」を指定するとブログが表示されない

メールアドレス:アフィリエイト用に作ったアドレスにします。

メンバーシップ:チェックマークを外します。

新規ユーザーのデフォルト権限グループ:購読者

タイムゾーン:UTC+9

日付フォーマット~週の始まり:お好きなものをどうぞ。

 

投稿設定

 

投稿設定で重要な設定項目は、最後の「更新情報サービス」だけです。

以下のものを入れておきましょう。

http://rpc.pingomatic.com/
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.bloglines.com/ping
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

 

表示設定

とくに設定する項目はありません。

 

ディスカッション

 

重要なのは画像の部分です。

初期設定では、記事を書くとき自分のブログの他の記事へリンクを張ると、自分宛にメールが飛んでくるというドッキリ仕様になっています。

「投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる」と「他のブログからのリンク通知を許可する (ピンバックとトラックバック)」のチェックは外しておきましょう。

 

「名前とメールアドレスの入力を必須にする」のチェックも外します。

つけておくと迷惑なコメント(スパム)の対策になりますが、そのぶん読者がコメントしにくくなってしまいます

スパム対策は後ほど紹介する「Akismet」で行えるので、大丈夫です。

 

「ディスカッション」での残りの項目は、お好きな設定で構いません。

 

メディア

とくに設定必須の項目はありません。

大サイズの「幅の上限」を記事表示部分の幅に合わせておけば、大きい画像を貼り付けるとき楽です。

ここはブログのデザインが決まってから設定しましょう。

 

プライバシー

「サイトを検索エンジン~(中略)~だれにでも読めるようにする」にします。

こうしておかないと、Yahoo!やGoogleの検索結果に出てきません。

最初のうちはブログの完成度が低いため隠したくなりますが、誰も来ないので大丈夫です(笑)

Yahoo!やGoogleに早く登録されるほど有利なので、恥ずかしがらずこの設定にしておきましょう。

 

パーマリンク設定

記事のURLをどう表示するかの設定です。

「カスタム構造」を選び、「/%category%/%postname%/」と入力しておきましょう。

 

これは、記事のURLを当サイトのように「ドメイン/カテゴリ/記事のタイトル」と表示するためです。

これでURLを見れば何の記事なのか分かりやすくなりますね。

 

3. プラグインの有効化

ワードプレスには、便利な機能を加える「プラグイン」があります。

最低限、必要なプラグインを有効にしましょう。

左側のメニューで「プラグイン」をクリックします。

 

WP Multibyte Patch

「WP Multibyte Patch」の下にある「有効化」をクリックして完了です。これで動作します。

「WP Multibyte Patch」は、英語圏で作られたWordPressを日本語でも動くようにするものです。

 

Akismet

「Akismet」の下にある「有効化」をクリックした後、「設定」をクリックします。

API Keyを入力しないと動いてくれないので、Keyを取得しましょう。

Akismet.com」のサイトに行きます。

 

リンク先のページでお金がかかるように見えますが、無料で使えます。

3つ並ぶボタンのうち一番右にある「Personal」をクリックし、「WHAT IS AKISMET WORTH TO YOU?」のバーを一番左に移動します。

左側に名前(本名でなくてもok)とメールアドレスを入力すれば、Keyが送られてきます。

 

Keyを入力し、「設定を更新」をクリックして完了です。これでコメント欄のスパム対策は万全です。

 

4. FFFTPの準備

ワードプレスに必要なツール「FFFTP」の準備もついでにしちゃいましょう。

「FFFTP」は、ブログを構成するファイルをサーバーへ送るツールです。

 

下のリンク先のページで「DOWNLOAD」をクリックするとダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルは解凍ソフトを使って解凍しましょう。

窓の杜 – FFFTP

 

解凍ソフトがない場合は、下の「+Lhaca」をダウンロードして使ってください。

窓の杜 – +Lhaca

 

「FFFTP」を起動します。

 

起動したら、「新規ホスト」で接続するデータベースを設定します。

エックスサーバーにログインして、インフォパネルを開き、以下の赤線で引いた部分をメモします。

 

ホストの設定名:他のサーバーと区別がつくように自分がわかりやすい名前

ホスト名(アドレス):ドメインの赤線で引いた部分

ユーザ名:サーバーIDの赤線で引いた部分

パスワード:「Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ (試用期間)」メールの「FTPパスワード」

ローカルの初期フォルダ:自分が作業しやすい場所にします

ホストの初期フォルダ:自分が作業しやすい場所にします

 

「拡張」タブの中で「PASVモードを使う」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

 

設定を正しく行えたら、「接続」をクリックしてサーバーに接続できます。

 

左側に自分のパソコンのファイル、右側にサーバーのファイルの一覧が表示されます。

確認できたら、左上の「接続」から「切断」、「終了」と選んで終わります。

 

長かったですね(汗) お疲れ様でした。

 

さてさて、次はブログ作りの一番の楽しみ、デザイン決めです^^

ブログのデザインを決めよう(ワードプレス編)