新世界アフィリエイト 実践レビュー

2012年5月から新世界アフィリエイトを見てきて

2012年5月に販売された新世界アフィリエイトですが、私はもう実践していません。
というのも、手法が私には合わなかったことと、法に触れる可能性が高いと判断したからです。
あなたが購入を考えている場合、以下のレビューをよく読み、実践は自己責任でお願いします。

 

<当ページの目次>

  1. 新世界アフィリエイトの実践結果
  2. 新世界アフィリエイトってなに?
  3. 新世界アフィリエイトに向く人 向かない人
  4. ステップメールで自動化の仕組みを作る魅力
  5. プロモーションアフィリエイトと景品表示法
  6. 新世界アフィリエイトの購入者メルマガには解除URLがない?
  7. レビューアフィリエイトとプロモーションアフィリエイト
  8. 販売者の姿勢に感じる疑問
  9. まとめ

 

 

1. 新世界アフィリエイトの実践結果

2012年5月中旬に始め3ヶ月半後の8月末には、ひと月でこんな結果が出ました。

新世界アフィリエイト実践結果

 

また、仕組みを動かし始めた8月下旬からはメルマガ読者からお問い合わせメールも急増。
確実にファンは増えました。

新世界アフィリエイト実践結果

 

以上の検証から、新世界アフィリエイトは効果があるとわかりました。
ただ、あまり強く勧められません。

 

 

↑ページの一番上へ戻る↑

 

 

2. 新世界アフィリエイトってなに?

新世界アフィリエイトは以下のことを学べる教材です。

  • ステップメールによる収益が自動で発生する仕組み作り
  • 自分を全面に出したメディアの運営
  • 一般人を自分のファンにする方法
  • 独自の企画を打ち出し商品を成約する方法(後述)

 

 

↑ページの一番上へ戻る↑

 

 

3. 新世界アフィリエイトに向く人 向かない人

「新世界アフィリエイト」に向いている人

  • 根気強く作業ができる
  • 自分を出すことに抵抗がない
  • 抽象的な説明から具体的な作業に落とし込める理解力がある
  • 検証・改善ができる
  • 他者とのやり取りが好き
  • 販売者のファン

 

「新世界アフィリエイト」に向いていない人

  • 楽して稼ぎたいと考えている
  • すぐ稼ぎたいと考えている
  • 自分を出すことに抵抗がある
  • 具体的な手順が示されないと作業できない
  • 個人情報を公開できない
  • 検証・改善ができない
  • 他者とのやり取りが嫌い

 

「自分を出す」とは、あなたの考えや信念を語ることです。
直接的な顔や声の公開も自分を出すことですが、それは必須ではありません。
多くの人はこうした自分を出すことに抵抗があり、実践が難しくなります。

 

はじめから新世界アフィリエイトの仕組み作りに挑戦した場合、
個人差もありますが、報酬発生までに半年〜1年かかると見ましょう。
私のように、すでにブログやメルマガを運営しているなら
具体的な作業が見えるため、3ヶ月ほどで成果は出ます。

 

ステップメールで商品を紹介するので、商用利用です。
メルマガで個人情報(名前、住所、連絡先のメールアドレス)を公開しないといけません。
個人情報を出せないのであれば、新世界アフィリエイトは実践不可能です。

 

新世界アフィリエイトはわざと抽象的な解説になっています。
もし、具体的な作業手順が示されないと作業できないのであれば、
別の教材を実践することをおすすめします。

 

 

↑ページの一番上へ戻る↑

 

 

4. ステップメールで自動化の仕組みを作る魅力

ステップメールとは、あらかじめ設定することで自動で配信されるメルマガのことです。

 

例えば、読者がメルマガに登録してから…
1日目には挨拶のメルマガを。
2日目には役立つ情報を。
10日目には商品の紹介を。

 

のように設定することで、
メルマガに登録さえしてもらえれば収入の発生に繋がります。

 

新世界アフィリエイトでは、以下の2点において他教材より詳しく解説されています。

  1. ステップメールによる読者のファン化
  2. メルマガ読者の集め方

 

仕組みさえ作ってしまえば、不労所得が手に入る…。
その理想を求めて、私も含め多くのアフィリエイターは
新世界アフィリエイトに挑戦しました。

 

しかし、新世界アフィリエイトには徐々に問題点が見え始めたのです。

 

 

↑ページの一番上へ戻る↑

 

 

5. プロモーションアフィリエイトと景品表示法

商品に特典を付けて成約率を上げる手法は情報教材アフィリエイターならおなじみですが、
商品に「企画」を付けて「この企画に参加したければ、この商品を買ってね」と表示する
プロモーションアフィリエイトの手法は、景品表示法に引っかかる可能性が高いです。

 

 

景品表示法ってなに?

新世界アフィリエイトに関する箇所を抜き出すと
景品表示法(正式名称:不当景品類及び不当表示防止法)で重要な部分は以下のとおり。

過大な景品類の提供が行われたりすると、それらにつられて消費者が実際には質の良くない商品・サービスを買ってしまい不利益を被るおそれがあります。
このような不当表示や不当景品から一般消費者の利益を保護するための法律です。
景品表示法は、過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額を制限することなどにより、消費者がより良い商品・サービスを自主的かつ合理的に選べる環境を守ります。

 

つまり、「この企画に参加したければ、この商品を買ってね」と言われて
買った商品の質が良くなかったら、たまったもんじゃないよね、と。

 

企画の参加条件として買う商品を勝手に決められるんじゃなく、
買うものは自主的に選ばせてよ、と。

 

そんな購入者の利益を守るための法律です。

 

 

先輩アフィリエイターよりお国に訊こう

法律のプロではないアフィリエイターに訊くより、
消費者庁が公開するパンフレットのP.11〜12を確認しましょう。
参考:事例でわかる! 景品表示法(消費者庁)

 

情報教材アフィリエイターが商品に付ける特典は「総付景品」に分類されます。
プロモーションアフィリエイトの「企画」も同様です。

総付景品:
懸賞によらず、商品・サービスを買ったり、来店したりした人にもれなく提供される景品類のこと

 

特典には上限額が設けられています。

  • 商品価格が1,000円未満なら、特典は200円まで
  • 商品価格が1,000円以上なら、特典は商品価格の20%まで

 

つまり、1万円の商品を紹介するとき、
2,000円相当までの特典(企画)なら付けて問題ないですが、2,000円を超える特典はダメ。

 

プロモーションアフィリエイトは商品よりも特典の企画を大きく見せているため、
景品表示法で言うところの「過大な景品類の提供」に触れる可能性が高いです。

 

※プロモーションアフィリエイトをしていない情報教材アフィリエイターも
 再度特典の表記の見直しを。

 

 

景品表示法に違反するとどうなるの?

違反すれば消費者庁は事業者に弁明の機会を付与した上で、
違反行為の差止めなど必要に応じた以下の「措置命令」をします。

  • 違反したことを一般消費者に周知徹底すること
  • 再発防止策を講ずること
  • その違反行為を将来繰り返さないこと

 

要は、ブログやメルマガ読者だけでなく、
世間のみなさまにも「私は悪いことをしてました」と言い、
「二度としないよう、●●といった対策をとります」と宣言しないといけません。

 

一時期話題になった食品偽造問題のようにテレビや新聞のニュースになるかも…。
(あれも表示の違反です)

 

 

新世界アフィリエイトは景品表示法に違反するのかどうか、
販売者から説明があると購入者は安心して実践できると思います。

 

 

消費者庁に問い合わせた読者の声

はじめまして。○○と申します。
アフィリエイトで稼ぐ教材広場というHPを拝見してメールしております。

 

今回は、プロモーションアフィリエイトが景品表示法に
抵触する可能性があるという記事を見てビックリしました。

 

上記記事をもとに、消費者庁に問い合わせをしてみたところ

 

「アフィリエイターのような商品の紹介者であっても、
 独自に特典を企画して紹介する場合には、景品表示法の適用を受けるので、
 上限価格を超える特典をつけると法律に抵触する可能性があります。」

 

ということでした。

 

情報ありがとうございました^^

 

 

↑ページの一番上へ戻る↑

 

 

6. 新世界アフィリエイトの購入者メルマガには解除URLがない?

これまた法律の話です。
商用利用のメルマガを発行する際は
以下の情報をメルマガ内に記載する必要がありますが…

  • 送信者名
  • 連絡先
  • メルマガ解除URL

 

新世界の購入者メルマガには時々上記の項目がありません。

 

1回や2回なら「多額を稼ぐ人でも忘れちゃうことがあるんだなー」と思いますが、
頻繁にあるので「大丈夫?(汗)」と思ってしまいます。

 

 

新世界アフィリエイト実践者のメルマガでも頻繁に上記の表記が無いので、
このままだと新世界アフィリエイトは「違法なことを教える教材」と言われてしまいます。
販売者は急ぎ改善や告知するなどの対応をされたほうがいいのではないでしょうか。

 

 

↑ページの一番上へ戻る↑

 

 

7. レビューアフィリエイトとプロモーションアフィリエイト

新世界アフィリエイト内でよく比較対象にされる「レビューアフィリエイト」。
レビューアフィリエイトとは、商品のレビューをし、特典を付けて紹介する形です。

 

新世界アフィリエイトの販売ページでは
「商品が出るたびに特典を作る労働はやめましょう」
のような表記が見られ、多くの情報教材アフィリエイターが
その言葉に惹かれて新世界アフィリエイトを購入しました。

 

しかし、現在の新世界アフィリエイトの購入者メルマガでは、
「今度こんな商品が出ます。しっかり企画を作りましょう」
と商品が出るたびに企画作りを推奨されます。

 

今まで特典作りに注いだ労力がそのまま企画作りに移っただけのようで、
労働らしさは変わらないと私は感じました…。

 

また、ちゃんと商品のレビューを書かない分、
購入者が「思ってた商品と違う…」と不利益に感じる可能性がありますし、
商品の販売者にもクレームがいく可能性もあります。

 

さらに、プロモーションアフィリエイトの副作用として
本来は販売者が購入者に対し新商品の案内をして売上を伸ばせるのですが、
購入者は商品ではなくアフィリエイターの企画目的で購入したため、
販売者の新商品に反応が弱くなります。

 

もし、あなたが販売者だったら、こんな紹介方法は困りませんか?

 

そう考えると、私はプロモーションアフィリエイトの手法ではなく、
従来どおり真っ当なレビューを書いて
販売者にも読者にも不利益にならないようにすることが
アフィリエイターの役目ではないかと思い、新世界アフィリエイトの実践をやめました。

 

 

「レビュー」と名乗りつつ
まともにレビューをせず企画の説明ばかりだったり、
べた褒めの売り込みだったり、
それらの「レビュー(偽)」に対する不満の声が私のところへ届きます。

 

一旦、報酬額や成約数のことを頭から消して、
アフィリエイターのあり方を再度考えてみると良さそうです。

 

あなたはどんなアフィリエイターが
「良きアフィリエイター」だと思いますか?

 

 

↑ページの一番上へ戻る↑

 

 

8. 販売者の姿勢に感じる疑問

2012年12月9日に起きた「チャットルーム消失事件」は
販売者の姿勢に私が疑問を抱く大きな原因です。

 

2012年5月に販売された新世界には公式特典として、
購入者が情報交換を行えるチャットルームが用意されていました。

 

新世界の販売直後は
連日100を超える書き込みがされるほど盛り上がっていました。

 

が、時間が立つにつれて書き込みは減少。
販売から半年後には1日の書き込み数は10を下回る日も出てきました。
(これはどこのチャットルームでも見る現象なので不思議ではありません)

 

 

時は流れ、2012年の12月8日。
ある転機が訪れます。

 

チャットルームに参加していた残りの人たちは
「販売者は顔を出さないし、閑散としたままでいいのか?」
と意見を出し合い、
「これからは自分たちでチャットルームを盛りあげていこう!」
と一致団結しました。

 

その日はひさびさに書き込みが増えて盛り上がった日でした。
私も「これからまたチャットルームが盛り上がるのか」と
楽しみにしていたのです。

 

ところが、翌日9日。

 

チャットルームはすべて閉鎖されました…。
誰も、何も書き込めなくなっていたのです。

 

販売者によれば、チャットルームの閉鎖は以下の理由とのこと。

このたび、新世界アフィリエイトのチャットを廃止することにしました。
理由は、
・チャット内容が不快だという意見が多い
・チャットが重すぎてサービスを利用できる人とできない人に分かれる(利用できない人が多い)
・過去の書き込みの閲覧が容易ではない

 

ちなみに、チャットが重いのも過去の閲覧が容易ではないのも
以前からあった問題です。

 

連日書き込みがほとんどなく、やっとこれから盛り上がりかけたときに
「チャットの内容が不快」との意見も謎です。

 

もし、チャットルームを消すのであれば、
質問の回答などが書かれた過去ログを保存したい人もいたでしょうから、
「いついつになったら消しますよ」と
猶予期間を設けるべきだったのではないでしょうか。
(一般企業のサービスなら当たり前の対応です)

 

あまりにも販売者の独断すぎる行為に
多くの購入者が疑問を抱き始めます。

 

これは私の推測ですが、
チャットルームが消された本当の理由は、
チャットルームが消される前日に出された意見の中で
販売者の姿勢について意見されたものがあり、
その意見をこれから参加する人に見てほしくなかったから、消したのでは…?

 

そう考えると、猶予期間さえ設けずに消したことも納得できます。

 

チャットルームが無くなる際、猶予期間が無かったために
一般企業のサービスを当たり前に知る社会人の人たちにとって
新世界アフィリエイトへのガッカリ感は大きかったようです。

 

新世界アフィリエイト、大丈夫でしょうか。

 

廃止されたチャットルームの代わりになるサービスを用意する、と
公式の案内がありましたが、1年経ってもそのサービスは案内されていません。

 

年末の「毎年内容を新しくします!」という発表のもとに
うやむやにされた印象を受けました…。
代わりのサービスを用意しないなら、ハッキリとお知らせしてほしいですね。

 

 

↑ページの一番上へ戻る↑

 

 

9. まとめ

色々と感じることの多い新世界アフィリエイトですが、
読者をファンにする考え方とステップメールの使い方は勉強になります。

 

自分を出すことや、読者とのやり取りが好きなら
新世界手法のステップメールは合うでしょう。

 

しかし、ファン化した側、ファンになった側の人たちを
第三者の立場で懇親会などで見たことがありましたが、
ファンを通り越して宗教みたいな怖さがありました…。

 

「あの人の言うことは正しい!」
「あの人は絶対!」
みたいな。

 

私はあそこまでの信者は欲しくないので、
これ以上の新世界アフィリエイトの実践は遠慮します…。
(強烈なファンを作れることは十分スゴイことですが)

 

 

私は今の新世界アフィリエイトを勧められませんが、
毎年ガラッと内容が新しくなるため
景品表示法や特定電子メール法などの件に進展があれば
改めてレビューするかもしれません。

 

心から絶賛できる日は来るのかな…。来たらいいな…。

 

今後に期待、ということで新世界アフィリエイトのレビューを締めます。

 

当サイトでは現在、新世界アフィリエイトをアフィリエイトしていません。
もし購入する場合は、新世界アフィリエイトで成果を出している&しっかりサポートしてくれるアフィリエイターから買うといいでしょう。ただし、プロモーションアフィリエイト手法は実践しないことをおすすめします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
↑ぽちっと押すとこのページを世に広められます。

↑ページの一番上へ戻る↑