文才ゼロから始めるWeb記事執筆術

ブロガー、ライター、アフィリエイター御用達!

2015年3月に発売した私の文章術教材「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術」(才ゼロ)がついに!

販売数1,000本を突破しましたー!(ワーワー!)

才ゼロ販売数1000本突破
(インフォトップ販売者 売上管理ページより。2017年1月20日時点)

これも私を信じてご購入いただいた方、購入後に「これ良いじゃん!」と他の人に勧めていただいた方、「才ゼロのおかげで文章を書けるようになりました!」と感想を送っていただいた方のおかげです。

みなさん、とてもとてもありがとう!!

自分の作ったものが1,000人もの人の手に渡ったことに、まだ実感がわきません……が、すごいことなんですよね、きっと。

謎の高熱でぶっ倒れながら才ゼロを作った2年前の自分を褒めたいです^^

「生みの苦しみを乗り切ったおかげで、いま多くの人を喜ばせていられるんだよ」と!

発売から2年が経った今も毎週ご購入者から感想が届きます。嬉しいことに、すべて好評です。

冒頭の画像に「満足度 97%」とありますが、今はもう少し上がって「満足度 約98.4%」になりました。

ここまで満足度の高い教材も珍しいのではないでしょうか!?

(才ゼロの開発に協力してもらえた10名のモニターのみなさんのおかげです)

才ゼロが印刷された状態で届く「配送版」も好評で、利益は減るけど対応して良かったなぁ、と思います。

才ゼロ配送版イメージ

ご感想をまとめたページを作ろうとしていますが、いかんせんご感想が多い……。嬉しい悲鳴です^^

才ゼロはあらゆる分野でおすすめされ始めています

才ゼロが発売された当初は、アフィリエイター向けに紹介される方が多かったです。

アフィリエイトをする私繋がりで購入された方が多かったので、自然とアフィリエイター向けの紹介になったようです。

(「5章.商品紹介」を読むと商品紹介記事の書き方がわかるよ!)

次に、コピーライター向けに紹介されました。

才ゼロはコピーライティングをまったく扱いません。本文中に一度も「コピーライティング」の文字が出ないくらい。

しかし、一部では「コピーライティングで物を売ることを目指すなら、まず文章に慣れるために才ゼロを」という勧められ方で紹介されています。

私は最初、「コピーライティングを学びたい人に才ゼロは合うのかな?」と疑問でしたが、コピーライティングでつまずいた方々から喜びの声が届き、ホッとしました^^

(ただし、広告のイメージコピーを作りたい場合、才ゼロは完全にお門違いです)

そして、今年2017年。

才ゼロはブロガーや在宅ライター(フリーライター)、企業のweb担当者向けに紹介され始めようとしています。

きっとお役に立てるでしょうし、実際そっち方面の方が買い始めています。

ブロガーやライターの方々が「これ良いじゃん!」となれば、情報発信が好きな人たちですから、すぐ才ゼロの存在は広まるでしょう(広まってほしいな)。

今後、才ゼロはより一般向けに「文章の書き方がわからない? これ読むといいよ」と紹介されるのかな? と思います。

教える立場の方々が記事の書き方を教える時間・労力を省略でき、「これ読むと良いよ」で済ませられるのも、才ゼロの良いところです^^

(実は公務員の方も購入され、職場で才ゼロのコツが使われているとのこと。嬉しい!)

才ゼロのアフィリエイトについて

ときどきお問い合わせをいただく、「才ゼロはアフィリエイトできますか?」にお答えします。

はい、アフィリエイト可能です。1件 4,500円の報酬をお支払いいたします。

※詳細は、才ゼロご購入者が読める「才ゼロ購入者通信」にてお知らせしています。

ただし、こうした教材のアフィリエイトとしては珍しく「審査」があります。

私の審査を通った場合のみアフィリエイト可能です。

私もこの業界が長いので、押し売りや誇大広告で変な紹介をする人や、そこから買ってしまい泣き寝入りする人を見てきました。

私の教材でそんな悲しいことを起こさないよう、「ちゃんとした紹介をしてもらいたい」という意図で審査を設けています。

まっとうなご紹介をしていただけるなら大歓迎です^^

本屋の文章術の本、ちらちら覗いています

私はたまに本屋に行っては「記事の書き方」「文章の書き方」の本をめくりますが、まだまだ「才ゼロ」並の本は出ていないと感じました。

やはり、筆者の頭が良かったり、知識が豊富だったりで、初心者さんの気持ちを忘れているため、初心者さんに優しいものが少ないのだと思います。

また、本はどうしても「紙」という限界があるため、200から300ページにおさめなくてはいけません。しかし、そのページ数では初心者さんの疑問は完全に消えません。

(買ったことがあるなら、思い当たるフシがあるはず…)

私が初心者さんの疑問に答えつつ、実践できるレベルで解説した才ゼロは600ページを超えました。

しっかり解説しようとしたら、どうしてもそのくらい必要なんです。

才ゼロが初心者さんの疑問の1~10に答えているとしたら、本屋に並ぶ「初心者さん向け」の本は1~5くらいの回答で終わっています。

しかも、どの本も1~5なので、何冊買っても6~10の部分は書かれていないんですよね…。

本屋で本を何冊も買って文章が上達しないのは、上記の理由から。

1~5しか学べない本を何冊も買うより、1~10を学べる教材を1つ買うほうがお金も時間もムダにしません。

才ゼロで文章を上達する人が多いのは、才ゼロの行き届いた解説があるからです(もちろんご購入者の実践も必要)。

そうそう、ページ数の多い文章術の本と言えば、最近出た「沈黙のWebライティング」! もちろんチェック済みです。

私は賢威を愛用してますし、筆者の松尾さんとお酒の席でお話ししたこともあります(たぶん松尾さんは覚えてない)。

松尾さんの他の著書も持っているほど松尾ファンな私です。

では、「沈黙のWebライティング」と「才ゼロ」はどう違うのか? どっちが良いのか?

これはですね、販売者の私が比較しても信ぴょう性が低くなりがちなので、だれかに比較レビューを委ねます…(笑)

ちょっとだけ私の意見を言えば、「両方持つと良い」です。

どちらもボリュームは同じですが、内容が違うんです。

「沈黙のWebライティング」と「才ゼロ」、どちらも良書であり、どちらにも足りないものがあります。そこをうまく補完し合っています。

一方を読んで満足したなら、もう一方も満足できるでしょう。読んでみてのお楽しみ^^

才ゼロをこれからもよろしくお願いいたします

長くなりましたが、才ゼロ販売数1,000本突破のお礼でした^^

才ゼロのおかげで去年はいろんなステキな人と出会えましたし、今年もいろんな出会いがあるのかな、と楽しみです。

これからもよろしくお願いいたします!

「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術」の詳細はこちら。