ブログとサイトの違いって?

ブログとサイトの違いって分かりますか?

雰囲気からすると、ブログよりサイトのほうが凄そうな気がしますよね。

でも、そんなことはないんです。

 

今回は、ブログとサイト、それぞれの一長一短を見てみましょう^^

ついでに「ホームページ」の言葉の説明もします。

 

あ、「内部構造」なんて難しい話はしません~。

そんなもの、ブログ(サイト)に来た読者にすれば何の意味もありませんから^^

 

ブログとサイトの違い

アフィリエイトするときに「ブログとサイト、どっちを使おう?」と悩む人がいます。

 

でも、両者の違いってなんでしょう?

私なりの解釈を表にしました^^

ブログ サイト
書くこと 日記、情報 情報
使う人 個人 企業
主役 情報、中の人 情報
長所 個人の考えを出せる
読者と距離が近い
更新が止まっていても普通
ほとんどの記事を見つけやすい
短所 過去の記事を見つけにくい
更新が止まっていると不自然
焦らし記事や日記を書けない
読者と交流がしにくい

 

これは私の勝手な解釈なので、企業の人が日記を書くためにブログを使ってもokです^^

こういう傾向が強いなー、という印象をまとめました。

 

私の中で、ブログはニュース番組サイトは本と認識しています。

 

ブログはニュース番組のように日々新しい情報を流すことが普通です。

更新の止まったブログにファンは付きませんよね。

 

一方のサイトは、本です。

一度情報をまとめてしまえば、更新が止まっていても不自然に思われにくいです。

 

もう少し詳しく両者の違いを説明します。

 

ブログの長所と短所

ブログの長所

ブログの良いところは、無料のレンタルサービスを使うことで簡単に始められることです^^

また、個人の考えや思いを発信できる場として重宝されています。

最近では、ソーシャルブックマークやツイッターなどの普及により、一般人のブログが多くの人に支持されることもよくあります。

 

ブログの主役はもちろん情報ですが、その情報を書く「中の人」と読者の距離が近く、コメント欄などで積極的にやり取りできることも長所です^^

そこに目をつけた企業が「担当者のブログ」としてブログを持つことも増えてきましたね。

ブログを使う芸能人も多いです。

 

ブログの短所

ブログの短所は、なんといっても放置できないこと。

更新が止まってしまうと読者に悪印象を与え、せっかく増えた読者もどんどん離れていきます。

私のゲームブログや当サイトでは、サイト風に見せることでこれに対処しています。

 

また、ブログの記事が増えてくると過去の記事が見つけにくくなります。これを防ぐには、目次を作ることが有効です^^

参考までに、当サイトの目次はこんな感じ

 

サイトの長所と短所

サイトの長所

サイトの良いところは、放置できること(笑)

1つのテーマに絞った専門的な記事を20~30個揃えてしまえば、もう立派なサイトです^^

 

また、そのくらいの記事数なら記事へのリンクをサイドバーに全部並べたり、トップページに一覧を載せたりしてすべての記事を見つけやすくできます

 

ちなみに、一昔前まではサイトを作るとなると専門の知識が必要でしたが、最近はシリウスなどの高機能ツールが出てきて、初心者さんでもブログのように簡単にサイトを作れるようになりました^^

私もシリウスでこんなサイトを作っています。

 

サイトの短所

サイトでやりにくいことの1つに「焦らし記事」(勝手に命名)があります。

 

焦らし記事とは、例えば…「なんてすごいものを見つけてしまったんだ! 詳しくは明日!」のような記事です。

読者の興味をひいて、次の記事を見てもらうための工夫ですね。

 

ブログなら常に最新記事を出すため有効ですが、サイトだと記事での焦らしはやりにくいです。

どうしてもやりたいなら、サイトのトップページに「明日なにかが!」とお知らせとして載せるくらい。

 

また、サイトは日記も書きにくいです。

サイトは専門の情報をまとめているため、焦らし記事と同じく有益じゃない記事は載せにくい欠点があります。

対処法としては、上で書いた企業のように別途「日記ブログ」を作る手があります。

 

さらに、サイトはコメント欄がないことが多いです。

コメント欄がないと読者と交流できないため、読者との距離は近くなりにくいです。

コメント欄を付けるか、日記ブログを用意すれば解決です^^

 

どっちを使う?

ブログとサイトの細かい違いは多々ありますが、上に書いた「対処法」を使えば結局は「どっちでもいいんじゃない?」となりそうです。

 

とりあえず私だったら、自分を前面に出したいなら「ブログ」、情報を前面に出したいなら「サイト」にしようかなと。

 

とにかく、主役は記事ですからね。

ブログとかサイトとか、形にこだわるのは二の次でいいです^^

 

おまけ:「ホームページ」ってなに?

よくサイトが「ホームページ」と言われますが、厳密には「ホームページ」ではありません。

本来の「ホームページ」とは、ブラウザで最初に開くように設定してあるページ(サイト)のことを言います。

なので、ホームページはいつも1つしかないのです^^

 

「俺っちのホームページ完成したぜ!」は間違った使い方なのでご注意を。

ほったらかしで稼ぐことは悪いこと?

他の人はこんな記事も読んでいます

LINE@始めました^^
お友達登録特典「長く通用する新規読者の集め方PDF」をプレゼント中!
LINE@友だち追加

ちょっと! こっそりプレゼントってどゆこと!?

subheader
button

当サイトの購読はフェイスブックが便利です

ねこヨーグルトはあなたが正しくアフィリエイトで稼ぐための情報を提供します。
「いいね!」するとFacebookで更新情報を見られます。

rss RSSリーダーでも購読できます。

“ブログとサイトの違いって?”への1件のコメント

  1. パワーブログでアフィリエイト@パワブロ より:

    ねこヨーグルトさん

    こんにちは、パワブロです。

    ブログもサイトも一長一短ですよね。
    サイトは一度完成させれば放置していても違和感を持たれませんが、
    ブログの更新が止まっていると「捨てられたブログ」に思えてしまいます。

    私は、メインには定期的に更新するブログを、
    サテライトには放置できるサイトを使っています。

    使い分けられると理想ですね。

    応援クリック!

コメントを残す

*

このページの先頭へ